今更ながらの霧鉄

霧の小西川橋梁

 先週、第三回丹鉄フォトコンテストの結果が発表されました。
受賞された皆さん、おめでとうございます。
日頃から撮影されたり、または遠方からの撮影でも
少ないチャンスを物にされた結果だと思います。

霧の新山踏切より

 先日、中郡盆地(京丹後市の大宮町峰山町の一部)でも
珍しく霧が発生していたので霧の中の丹鉄を撮影してきました。
多くの傑作が発表された後でお恥ずかしい写真ばかりですが・・・(汗)

霧中のひいつ橋を渡る

霧が晴れ出した頃、アンダーで撮影してシルエットに

霧中のひいつ橋シルエット
スポンサーサイト

洗い場

洗い場

 夕日ヶ浦木津温泉駅の網野駅よりの下和田踏切そばに
洗い場がある。
小さなパイプから水が出しっ放しだったので
水道水でなく地下水だと思っていた。
寒い日にちょっと湯気も出ていた。
地下水は外気温が低い時には湯気も出るものなぁ。

 何気に洗い場の水に手をつけてみると、温かい!
我が家も一部地下水を使っているので分かるけど
それよりも温かい。もしかして温泉?
夕日ヶ浦木津温泉駅のホームにある足湯に使った事のある人ならご存知だろうが
木津温泉の温度はぬるめなんだけど、この洗い場もよく似ている。
でも出しっ放しに出来るほど木津温泉って湧出量があったっけ?

 野菜等を洗うのに便利だろうけど
ここで足を付けていたら叱られるだろうなぁ。
温泉でなかったらゴメンナサイ。

土筆

土筆2

 春めいてきた頃の代表格、土筆。
まだ顔を出し始めたばかりなので目立たんけど
土筆を見ると春なんだなぁと、嬉しくなっちゃう。

土筆1

 撮影する時は背の低い土筆に合わせて
寝そべりながらカメラを構えるけど、
周りから見ると絶対おかしく思われるでしょうね。
液晶モニターがチルトやバリアングル出来るカメラなら
こんな滑稽な格好をせんでもスマートに撮影できるんでしょうけどねぇ・・・

土筆3

春霜

春霜1

 着々と春へと季節が移り変わっていく今日この頃。
日中、日射しが出れば暖かさを感じるけども朝夕はまだまだ寒い。
寒暖の差が激しいんで体調を崩さんように気を付けんなんね。

春霜2

動物だって侵入禁止!

802 柴古を走る

 地元新聞の記事によると宮福線で動物の侵入を防ぐ為の鉄柵が設置されたとの事。
試験的な設置ではあるが二俣ー大江山口内宮間の5カ所、計573m、高さ2mの鉄柵を
沿線斜面側に取り付けシカ等が線路に入り込まないようにした。
H15年度、この区間だけで約80件の衝突事故が発生したそうな。
沿線全線では447件も発生しとって増加傾向にある。

 これでは運転士さんも気が気でなかろう。利用客にとってもびっくりなさるだろうし、
車両の損傷によって運行にも支障を来す。
鉄道に限らず道路でもタマに事故に遭ったシカを見かける。
僕も一度シカを跳ねてしまった事があるがかなりの衝撃だものなぁ。
その時は速度も出とらなんだでシカは逃げていったけども。
田畑でも随分前から獣対策の電柵、鉄柵がなされていますよね。

 今回の試験設置で効果が認められれば宮津線(宮舞、宮豊線)を含めて
設置を拡大されるそうだ。安全な運行のためには必要でしょうね。

シカだけにシカたがないでは済まされん問題ですぞ!

今日は中学校卒業式

日暮れシルエット

 京丹後市内の中学校は今日が卒業式でした。
義務教育を終了し新たな進路へと進んでいく卒業生達。
進学する高校によっては丹鉄通学となる。
宮津市由良から栗田中学校へ通う生徒のような
一部をのぞいて、列車通学は初めてとなる生徒さんも多いでしょうね。

 勉強もクラブ活動も中学よりもずっとグレードアップとなる学生生活。
そのお手伝いを丹鉄もしてくれると思いますよ。

登っては見たものの②

丹波俯瞰

 前回の記事のPart2です。
今の時期、冬枯れの木々で山からの視界がえぇんでないかな?
思い込んでアチコチ上がってみたものも
手前の木が結構視界を遮ってしまうことが珍しくない。
ちょっぴり残念に思うけど登ってみないと判らない事だから
ロケハンの結果がハッキリしたと考えれば悪くは思わない。
でも、折角だからシャッターを切ったり、ブログアップしちゃう。
つまらん写真でゴメンナサイ。

宮津愛宕山俯瞰

登っては見たものの

石丸俯瞰

 僕の大好きな俯瞰撮影。
見慣れている風景がいつもと違って見えるのが
僕にとってはたまらんのです。
登る途中も、どんな景色が見れるだろうってなワクワク感もある。
何とかと、何とかは高いところが好きとはよく言ったものだ。
そのくせ、僕は高所恐怖症(笑)

めぼしいポイントを見つけて
見えるであろう景色をイメージするんだけど
期待はずれの結果となった事も多々あるのも正直なところ。
それでも懲りずに俯瞰ポイントを探し登ってしまうのは
やっぱり僕は何とかと何とかなんでしょうねぇ。

石丸踏切俯瞰

梅は咲いたか、桜はまだかいな・・・

回送くろまつ

 春の始めを感じさせる梅の花。
白梅に紅梅、彼方此方で見かけます。

青空と紅梅

花見と言えば桜ときますが
奈良時代は梅の方が人気があったようです。

梅と夢Ⅱ

そして桜の花見は賑やかにお弁当広げたりお酒を飲んだりするのを
イメージしますが、梅の花見は静かに鑑賞すると云う感じがしますが
皆さんはどう思われますか?

朝日に照らされた梅と705

早いもので三月も中旬となってきました。
次ぎにくる花見の桜は少し早めに開花しそうなことを言っていますね。
梅を楽しみつつも桜が待ち遠しいのは僕だけじゃないですよね。

これは早咲きの河津桜 (だと思う・・・)
早咲き桜

俯瞰撮影ばかりでゴメンナサイ。

谷内を走る単行列車

 ちょっとばかり俯瞰撮影写真が多くてゴメンナサイ。
僕にとってちょっと肌寒い季節が俯瞰撮影に適しとるです。
機材を入れたリュックバックに重たい三脚を担いで山道を登る時、
暑がりの僕にはこれぐらいの気候が動きやすい。

 それにアウトドア、山登りが好きなんですよ。
意外に思われるかもしれへんけど、僕にとって
一番楽しめる趣味は山登りでありまして
そのついでに写真を撮っちゃうってなかんじですかねぇ。

 この場所も数年したら京丹後大宮駅方面は
木が伸びてきて見通しが効かんようになりそう。
新緑が綺麗な頃にもう一度登ってみたい場所であります。

大宮路を行くくろまつ
プロフィール

chosan

Author:chosan
3児の中年親父、良識ある撮り鉄です。
地元鉄道の丹鉄を応援しながら沿線のイベント見所も紹介しとります。
行動範囲が狭く、宮豊線界隈をウロチョロしととりますが、
見かけましたらお気軽に声をかけて下さい。

きばろうで!丹鉄 カウンター
ご訪問ありがとうございます
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR